『何か質問はありますか』

面接の終盤で必ず出るこのフレーズ。
いわゆる逆質問をするタイミングですが、皆様はどのように応えていますか。

中には何か聞かなきゃと思いつつ、何をどう聞いていいかわからず質問できなかった。
という苦い経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

転職面接の場合、仕事に対する熱意や意欲を伝えることで面接官に好印象を与えることもできるアピールチャンスでもあります。

転職面接で逆質問を受けても焦らず対応できるように最低限守るべきマナーとNGポイントを紹介します。
これを読めば面接で「何か質問はありますか」と聞かれても、自信を持って発言できるはず♪

逆質問時に押さえておくべきマナー


転職面接で企業側へ質問する逆質問。これは、必ず何かしなければならないというものではありません。
面接官は「何か質問はありますか」という問いを通じて候補者の意欲を見ています。

当社で働いて欲しいと思った候補者に対しては逆質問してもらうことで疑問を解消し、面接で入社に対する意欲を固めて欲しいという狙いもあります。

その仕事や企業に興味を持っていれば聞きたいことは自然と浮かんでくるはず。
企業との相性の見極めという意味でも、この逆質問の時間を有効に活用し、面接官に前向きな気持ちをアピールしてみましょう。


逆質問時のマナーは大きく分けて2つあります。

1つ目は「最低でも5つ以上逆質問を用意する」
転職面接では時間の許す限り質問時間に当ててくれる場合も多いです。
質問内容をその場で考えて時間がなくなってしまうことのないよう面接前に最低でも5つ以上逆質問を準備しておくと安心です。
こうした準備が面接を実施してくれる企業や面接官に対するマナーでもあります。

2つ目は「面接官の職位にあった質問を心がける」
面接が始まってみないと面接官の職位が分からないという場合もありますが、できるだけ詳しい情報を持っている人に質問するほうが、ほしい答えが返ってくる可能性が高いです。
人事担当者に現場業務の細かいことを聞いても具体的なところまでわからないかもしれませんし、部門長など現場の方に待遇面の交渉をしても意味がありません。
面接における全ての権限をその面接官が持っているのであれば別ですが、複数回に面接フェーズが分かれている場合、この部分も意識し内容に応じて適したタイミングでの逆質問を心がけましょう。

NGポイント


基本的に面接官が答えに困ってしまう質問ではなく、答えやすい質問をした方が、円滑にコミュニケーションが取れます。
しかしながら、それは簡単な質問という意味とは少し違います。

逆質問は候補者がどんなことを大切にしているのかがわかる部分なので、ここで悪い印象を与えてしまうとそれまで面接でどれだけ自分をアピールできていたとしても、入社に繋がらない場合もあります。

そんな逆質問でやってはいけないNGポイントは大きく分けて3つあります。


1.面接の中で既に面接官から説明のあった内容を聞く

そのことについて更に詳しく聞きたいということであれば問題ないですが、面接官が全く同じ話をしなければいけないという状況は絶対に避けましょう。
話を全く聞いていない、集中していない、誠意がないといった悪印象を与えかねません。

2.企業のホームページを見ていればわかることを質問する

例えば「当社の取引先はこういったところがメインです」とホームページに明記されているにも関わらず、
「御社はどういった企業と取引実績がありますか」と質問するのは企業の情報を調べていませんと言っているようなもの。

何を質問すればいいか分からず意図を持たない質問をし結果マイナスな印象を持たれてしまうのであれば質問しない方が懸命です。

3.待遇面ばかり質問する

逆質問はご自身が気になっていることを確認するためのものなので、労働条件や福利厚生について聞くのも問題ありません。
ただ注意しなければならないのは、仕事内容や会社のことには一切触れず、そのことばかりにこだわること。
待遇に興味を持っているだけか……と思われてしまうと、次の選考にはなかなか進めません。

一次面接など最初の面接段階では避けたほうが無難です。
どうしても気になるポイントについては、入社意欲を伝えてから前職の労働条件と比較する形式で質問しましょう。

各ページへのリンク


正社員でのお仕事をお探しの方はこちら
パート・アルバイトでのお仕事をお探しの方はこちら
25周年記念キャンペーンはこちら
トップページはこちら

ページ最上部へはこちら